関与先の規模などイメージを教えてください

サービスにより異なる傾向にあります。

移転価格税制の対応については、海外にグループ企業を有する多国籍企業が対象となりますので、売上規模としては数百億円から数千億円程度の企業が現在の関与先になります。BEPS対応についても、日本の法令上、移転価格文書の作成が義務化されている企業は、連結グループ収入が1,000億円以上の企業が対象となりますので、クライアントは大企業となります。

​タックスヘイブン対策やタックスプランニング、海外法人の設立サポートや進出候補地の選定などのサービスは、非上場の同族企業やそのオーナー社長、或いは資産家の方がクライアントになっていくただくケースが多いといえます。

  • LinkedIn Social Icon