• tsuchida-cpta

激動の1か月

コロナウイルスの影響で、大変な状況です。


3月末までのAPA申請のサポートやその他プロジェクトなどもあり、税理士業務は今のところ影響はありませんが、今後はわかりません。3月に予定されていた日中相互協議は早々と延期となってしまい、次回がいつ頃開催できるのかまったく先が見通せません。2月の海外出張は中止となってしまい、現状では海外はおろか関西に出張するのもなかなか憚られる状況です。


さて、税理士業務とは別に自己資金の範囲ですが資産管理業務を行っています。税理士業務と同程度の収益を確保できるレベルになりましたが、すでにこちらはかなり大きな影響がありました。相当額をリスク資産で運用していますので、資産価格の下落は10%を超えました。もっとも、有能な経営者によって運営される有価証券に投資していますので、遠からず資産価格は回復するものと信じています。同時に、この一か月で相当な金額を投資に回しました。


今後、中期的に留意すべきは、ドルの下落です。FRBは史上空前の規模のドルを刷り、今後も刷り続けるとコミットしましたので、ドル資金への回帰の流れが一服すれば、すなわちある程度現在の状況落ち着けば、ドルの下落は避けられないように思われます。人間は自分を中心に物事を考えがちで、日本にいるとドル円の変動はそれぞれの金融政策や経済環境などが相互に影響しあって起こるものと考えがちですが、それは正しいとはいえません。ドルは基軸通貨であり、ドル円の変動は、圧倒的にアメリカの金融政策や財政状況等の影響を受けることが多く、近年日本の金融政策がドル円に影響を与えたのは、2013年の黒田バズーカといわれる日銀の異次元緩和のみで、それもFRBが金融政策の正常化を企図していた状況下での日銀の金融政策の影響であったと考えることができます。今後のドルの下落は、FRBが保有するドル資産の規模の大きさから、金融危機の際を超えるものになる可能性が高いと考えます。ドル資産を有する日本人は、円換算額が目減りしてしまいますので、留意が必要です。


同時に、金価格の上昇は不可避のように思われます。金は宝飾品としての需要もありますが、一面で貨幣価値としての側面を有します。実際、金は貨幣として使用されてきた歴史がありますし、ニクソンショックまでは金ドル本位制でした。宝飾品としての側面に着目すれば、産出量や需給が価格に影響を与えますが、貨幣としての側面に着目すれば、基軸通貨であるドルと連動することになります。つまり、ドルの価値が下がれば金価格が上昇し、逆に上がれば金価格が下落するということです。ここ数十年の金価格の変動は、どちらかというとドルの価値に連動する傾向が強いと考えています。ドルの価値が下落すれば、自ずから金価格は上昇していくことになるはずです。金は持っていても価値を生み出さず投資とはいえませんので、あまり積極的に保有したいと思いませんが、この感染症後の世界がどうなるか見当もつきませんので、価値の保存手段の一つとして金の保有を積極的に考えるべきではないかと考えています。


コロナウイルスの流行が収束した後に、どのような世界になるかわかりませんが、すでに危機の萌芽は生じているといえます。すなわち、EUの危機(EUは現在の形をとどめることができるか、ドイツがEUを出るか、イタリアがEUを出るか、その時フランスはどうするか。理想主義者のマクロン大統領はEUの希望だが、今回の危機後その政権は維持できるか、万一極右が政権を担えばEUの分裂は不可避。)、国家債務の膨張(アメリカや日本などの国債価格の下落と債券利回りの上昇、資金の調達コストの上昇、コアCPIの上昇。その際、80年代以降の資産価格の上昇の前提であった低インフレ低金利の時代が終焉、資産価格の下落は不可避。)、アメリカと中国との関係(コロナウイルスによるアメリカでの死者は20万人を超えるとの予想もあるようで、傷ついたアメリカとその疫病の発生国である中国との間で何らかの衝突が生じる可能性、直接的でなくても、間接的な紛争はありうる。)。状況を注視し、より深く思索する必要があります。




















最新記事

すべて表示

今後の対応

まずは税理士事務所に関して。いろいろと手を広げる予定はなく、現在、既存クライアントへの対応にフォーカスしていますので、新規案件については基本的にご紹介によるものしか受け付けていません。新しくご連絡をいただくこともありますが、基本的にお断りしています。あらかじめご了承いただければと思います。 資産規模は、ほぼコロナ前に水準に回復しました。間違いのない企業に投資していますので、遠くない未来に年初の資本

投資先の選定

巷には怪しい投資話やもうけ話がありふれています。 たとえば仮想通貨です。 以前のブログで、ビットコインなどの仮想通貨の価格は低下せざるを得ないと指摘しましたが、現在の価格は当時から半分程度になっているようです。それでも、まだ1ビットコイン6,000ドル程度の価格が設定されています。 個人的には、人為的につくられた得体のしれない仮想資産のようなものを6,000ドルもの大枚を払って購入したいとは思いま

  • LinkedIn Social Icon