• 土田国際税務会計事務所

日中相互協議に進捗


日中相互協議が9月中旬に行われる可能性が高い状況です。

前回が6月に開催されていますので、開催頻度としては順調といえます。ここ4、5年のあいだ、日中間の政治問題などもあって年1回の開催がやっとでしたので、そうした状況を踏まえて考えると、協議の進捗に期待が持てるといえます。うまくいけば、今年の年末までにもう1回相互協議が開催できるチャンスがあります。

日中間の移転価格案件は、ほとんどが中国で活動する日系現地法人に対する中国当局の移転価格調査が起因となっています。案件に偏りがあることから、中国の税務当局サイドとして必ずしも協議へのモチベーションが高くないうえに、政治問題もあり日中相互協議は一時絶望的な状況にありましたが、徐々に動き出しています。中国国家税務総局の相互協議担当部署も人員の増強を図っていますし、話を聞く限り各国との相互協議に前向きになっていますし、案件の処理をすることへのプレッシャーも受けているようですので、事態が好転することを期待しています。

なお、今後中国企業の日本への進出が増えることが想定されますが、実際のオペレーションを始めるにあたっては、事前に利益の配分などの移転価格対策を十分取っておく必要があります。日本で活発に事業活動をする中国系企業に対して、日本の課税当局が積極的に法人税調査を行い、情報収集を通じて移転価格の問題までもっていくことを志向としていると考えられます。


最新記事

すべて表示

相互協議での合意

6月中旬に東京において日中相互協議が行われました。 日本側からは国税庁相互協議室の担当者が、中国側からは国家税務総局と各案件に関係する所轄税務局担当者が参加しました。 ほぼ一週間かけて複数の案件の協議が行われたのですが、弊社でサポートしている案件についても協議が行われました。 結果としては、両当局のご尽力もあり、無事相互協議の仮合意に達することができました。 本件はもともと中国において移転価格調査

日中相互協議

3月に中国で日中の責任ある当局間の相互協議が開催されました。 今回の相互協議は2週間程度の時間を確保し、議論した案件数も比較的多いといえます。 個別案件の状況については話せませんが、各案件とも相当な進展があったと考えられます。 今年の日中相互協議は、チャンスがあれば3回程度開催される可能性がありそうです。 ここ数年日中相互協議は冬の時代といわれ、協議の開催頻度の減少と合意件数の停滞といった状況でし

  • LinkedIn Social Icon